らーめん食べたい

港区の一等地に住むことを憧れる若者(29歳)。趣味はお酒、車、ゴルフ。お酒は飲まなくても別に生きられる。

「赤から」のスープ鍋の素、美味いよ!

最近寒い日が続いて若干風邪気味だったので今年初の鍋。

 

スーパー行ったら、「赤から」の鍋の素がありました。

お店で提供すると3番鍋の辛さ設定とありますが、「赤から」で鍋を食べたことがなかったのでどんな辛さだよって感じでしたが、存在は知っていましたし焼肉は食べたことあったのでとりあえず購入。

 

後で調べてみると11段階中下から4番目の辛さということでした。

 

全然楽勝です。

 

 f:id:houritsukun:20180107002503p:image

  

 

 

というわけで、下ごしらえはパパッとしてしまって、完成です。

 

f:id:houritsukun:20180107002611j:image

 

材料は

 

白菜4分の1カット

もやし1袋

ねぎ1本

肉(豚もも)

 

だけです。

 

というわけで、いざ煮込みましょう。

 

鍋は無印でかなり前に3000円で買った鍋で、大活躍です。

 

鍋は一人暮らしでも、もっといて損はないです。

 

10分弱ぐつぐつと煮込むとこんな感じで完成です。

 f:id:houritsukun:20180107002635j:image

 

 

さて、スープを一口食べてみると。

 

第一印象は

 

味がしっかりしている!!

 

味噌の味がきちんと伝わってきて、美味い。

 

さすが愛知に経営グループ本店を構える赤からさん。

 

他の市販のスープとかだと白菜とか野菜の水分とかで薄くなってしまうものがありますが、これは全然違って、味が濃い。

 

が、その感動の2秒後くらいには辛さがすぐに伝わってきてました。

 

辛いものがダメな人は絶対ダメな辛さですね。

 

けど、辛いのが好きな人にはちょうどいい辛さ。

 

味噌の味と辛みと同時に甘さも感じられるちょうどいい辛さ。

 

味の深みが感じられます。

 

明日は雑炊にして食べる予定ですが、楽しみです。

 

「赤から」のスープの素、お勧めです。