ラーメン食べたい

港区の一等地に住むことを憧れる若者。趣味はお酒、車、ゴルフ。お酒は飲まなくても別に生きられる。

iPhoneにキーボードを同期させてみた

どうも。

 

iPhoneにキーボードを同期させてみました。

これまではちいさーいキーボード(ブルトゥース対応のもの)を使ってブログを書いていたのですが、正直小さいのでストレスが半端なかったのですが、本日普通のパソコンにも使えるようなロジクールのキーボードを同期させてみたのですが、これがもう最高の打ちやすさです。

 

そこで、今回はiPhoneにキーボードを同期させて見ての感想を述べたいと思います。

 

メリット1

文字を打つ反応スピードはパソコンと全く同じ

 

スマホの進化のおかげでしょう。

スピード感は全く同じで、入力するスピードに関しては全くストレスは感じません

 

これだったら普通に1万字とか打てるとおもいます。

画面が若干小さいだけで現にこのようにブログもスラスラとかけます。

 

デメリット1

もうデメリットの話ですか、と。

いや、正直すごく使いやすいのですが、キーボードの良さをスマホで使いこなせないというのが正直なところです。

 

例えば、半角文字の入力について。

 

半角キーを打てば半角文字が打てるかと思いきやじつは打てるようになりません

 

「`」

って文字が出てきます。

 

何なら文字盤と実際に出力させる文字には若干のズレが生じます

 

とかもこのかっこの一つ左のキーを押さないと出てきません。

 

慣れれば、全然大丈夫なのですが、パソコンを日常的に使っている人からすれば若干ストレスだと思います。

 

ただ半角文字の入力に関しては「caps lock」キーを打てば、半角文字を打てるようにはなるので、それを覚えておけば大丈夫かもしれませんね。

 

デメリット2

変換機能が弱い

 

これは携帯の方に問題があるのでしょうが、携帯がそこまで長文の文字入力を前提としていないので、変換がウザい時があります。

 

パソコンとかだと、単語単語で変換をいい感じでやってくれますが、スマホの場合には、変換が打っている文章ひとまとまりで変換ってなってしまうのでスペースキーを打つタイミングをジャストなタイミングでやらなければうざったい変換に付き合わなければなりません。

 

デメリット3

コントロールキーが使えない

 

文字を大きくしたり、コピーをする場合にコントロールキーを使いたいところでもスマホの場合にはこれが反応しません。

 

ですので、はてなブログを書いている人とかは、画面上にある「B」とかをわざわざ押さなくてはならないので、これが面倒くさいです。

 

まあ、これも慣れればいいんでしょうが、使い始めの方には少々ストレスかもしれませんね。

 

まとめ

まだ、初日なのでこれくらいしか感想はないですが、まとめると文字入力のしやすさからすれば確実にキーボードがあったほうが打ちやすいですが、パソコンとは違って細かなめんどくささがあるというのが感想です。

 

家にパソコンがある人はパソコンで頑張ったらいいと思います。